(歌詞)L'Arc~en~Ciel — finale

  淺淡而短暫的美
  別去破壞它靜靜地去擁抱

  相互追尋月亮的藏身之處
  感受到的竟是命運的悲傷啊
 
  阻擋起悄悄來臨的氣跡 
  觸碰了走投無路的憂愁嘴角

  在迎向落幕的陽光之中
  太過刺眼而見不到明天
  回首的你越過時空凝視不已
  彷彿天真浪漫的少女一般

  在這隻手臂裡甦醒而來
  你的難過依舊令人悲傷不已
  
  愛幕你一直到瘋狂為止
  永遠在我的身邊絕不分離

  被紛落的罪惡染上色彩
  枯萎的路上令人徬徨不已
  就算要與上帝作對
  也絕不讓任何人碰觸這份愛

  鏡子裡的你用相反的微笑
  剪斷快要斷掉的織夢之線
 
  沉淪於永遠的那份祈禱
  連回答也沒地掀起一片漣漪
  無法拯救漸漸崩潰下去的你
  哄著你入睡的那段片刻

  在迎向落幕的陽光之中
  太過刺眼而看不到明天
  回首的你越過時空凝視不已
  彷彿天真浪漫的少女一般

————————————————————————————–
淡く儚げな美しき
壞されぬよう靜かに抱き寄せた

月の隱れ家で求めあう
感じ取るのは運命の切なさよ

忍び寄る氣配塞いでて
追いつめられた憂いの口元に觸れた

終幕へ向かう日差しの中
眩し過ぎて明日が見えない
振り向いた君は時を越えて見つめている
あどけない少女のまま

この腕の中で目覺めゆく
君の悲しみがただ悲しくて

狂おしいまでに戀慕う
いつまでもそばにいて離れられぬように

降りそそぐ罪に彩られた
枯れた道を彷徨い續ける
この愛は誰も觸れさせない
それが神に背く事であろうと

鏡の君は逆さまの微笑みで
途切れそうな夢紡ぎの糸を切った

永遠に沈むその祈りに
答えも無く水面が搖れてる
崩れゆく君を救えなくて
あやすように眠らせたあの時

終幕へ向かう日差しの中
眩し過ぎて明日が見えない
振り向いた君は時を越えて見つめている
あどけない少女のまま






發表留言